建築学生へアドバイス

建築をこれから大学で勉強する学生へのアドバイス

今回は建築を大学で学ぼうとしている人たちにに向けて、アドバイスができたらなと思っています。

専門学校に進む方も参考にはなるとは思いますが、私自身が大学の建築学科を卒業した身でありますので、その経験から今回書くのでこのようなタイトルになりました。

ここに書かれていることは、すべてが正しいわけではありませんが、時代が異なっても共通するある程度普遍性のある内容にしてみました。

建築に対するモチベーションは徐々にあげていこう!

入学したてのときは、ほとんどの人が新しい学生生活に向けてやる気まんまんな状態であると思います。これからはじめて学んでいく建築という分野においても興味しんしんであるでしょう。

ただし、入学したときがMAXの状態ではまずいのでそれは気をつけていただければと思います

パウレタ(一級建築士)
これからの建築人生は長い!

というのも早々と建築熱が燃え尽きてしまう人もいるわけで、最悪せっかく入った大学を辞めてしまう人もいました。

せっかく苦労して入ったのに辞めてしまうのはもったいないと思いませんか?徐々に成長して、卒業することも大切なのです。そこでいくつか具体的な例をあげてアドバイスをしてみたいと思います。

建築サークルはよく考えて入ろう

どの建築学科にもあるのはずなのですが、1つか2つ、建築を勉強するためのサークルというものがあります。私も最初は興味があったので、結果的には入ることはなかったですね。

パウレタ(一級建築士)
単純にそのサークルの先輩の雰囲気が自分とはあわなかったのが大きい理由なんですけどね

でも今となって考えてみると私は誰かといっしょにそういう勉強をすると、してなくともしたつもりになってしまうんですよね。学問って自分で能動的に行うものだから身に入っていくんですよね。なんて今になって思ったりしたわけなのです。やる気は誰かに影響を受けるのはいいことなのですが、受動的に期待してはいけないということをこれから建築を学ぼうとする人たちにひとつの例としてお伝えしておきます。

パウレタ(一級建築士)
入るのが悪いとは言ってないよ!なんとなく入るのがダメってことね!

建築雑誌よりも実際に建築作品を見よう

建築を学ぶにあたって手っ取り早いのは建築を見に行くことでしょうね。これは興味をもったら積極的に見に行くことをおすすめしたいと思います。いろいろ見ていくと自分の好みとかもだんだんわかってくるでしょうし、そこから建築のどんな部分が自分は興味があるのかということも徐々にわかってくるはずです。

建築雑誌で見るというのもありますね。図書館にいくとたくさんの建築雑誌が置かれていて、そこには建築作品がびっしり掲載されています。もちろんそこにあるものを見ることもいいとは思うのですが、私はやはり最初のうちは実物を多く見ることをおすすめします。雑誌は授業の課題などで参考にするときに読むようにする程度でいいと思いますね。なぜかというと、写真だと空間を体感できないんです。資料としていいのですが、自分のなかに入ってくる情報がやはり少ないので、雑誌だと思い返しても何も自分のなかに残っていないことが多いんですよね。

建築本より小説をまず読んでみよう

図書館や書店の理工書コーナーへ行ってみてください。どれを読めばいいかわかりませんってくらいたくさんの本が並んでいます。その中でまず何を読めばいいかは大学一年生の人たちにはわからないですし、先輩や先生に紹介された本をとりあえず読んでみたとしても頭になんか入っていかないでしょう。

もしあなたが本を読むのになれていないのだったら、建築の本はいきなり読むことはおすすめしません。なぜなら、読みにくい文章の本がほとんどだからです。本を比較的読む私であっても建築に関する本は文章としてまずあまり面白くないものがほとんどです。

パウレタ(一級建築士)
いいことは書いてはいるんですけどね(一応フォローww)

ある程度本を選ぶセンスが備わっていないと、建築の本を読んでいくことが単なる苦行になってしまうのです

ですので、まず本を読みなれていない人が読むのは小説なんかがいいのではないかなと思います。ストーリーのある文章をおうのはそんなにたいへんではないと思います。まずここで慣らしてみてはいかがでしょうか。

いくつか小説を読み進めていくと、自分の好きなジャンルや作家などがわかってきます。そして、そこから派生して小説以外の本も読むようになってくると、本を読む、選ぶセンスが徐々に備わってきていることになってきます。アマゾンなどに本ごとに書評が載っていたりすると思いますが、それを吟味して本屋で実際手にとってみて自分に合うか合わないかが判断できたら、そろそろ建築の本もある程度吟味できるセンスを身につけることができるかもしれません。

でもどうしても建築の本から読みたいんだ、と言う人もいらっしゃるかもしれませんね。そういう人はまず安藤忠雄が書いた本を読んでみてください。彼の書く文章は比較的わかりやすいし、自分の経験に基づくものが多く書かれているので、読んでいてリアリティを感じます。

↓建築学生に読んでほしい小説の紹介記事はこちら!

建築学生におすすめしたい小説15作品を厳選!

以前のブログで建築やデザインに関する本のご紹介をしましたが、私個人としましては、専門書関係だけでなく、小説も読んで欲しいなという気持ちがあります。ということで、今回は時間のある建築学生におすすめ小説を ...

続きを見る

↓建築・デザイン本の紹介記事はこちら!

建築学生よ本を読もう!おすすめ建築・デザイン関連書籍の紹介

建築は訪れて触れて感じ、そして私たちであれば設計するという存在でもあります。しかしながら建築を書物で読むということも大事です。 それはすぐに何かに役立つわけではないのですが、確実に読んだ分あなたのなか ...

続きを見る

授業で「好き嫌い」「できるできない」を見つけてみよう

学校が始まると一般教養科目とあわせて建築専門分野の授業も受けることになるでしょう。ここで真面目に授業を受けるというのもまあ大事ではあるのですが、ある視点をもってのぞむとより有意義になると考えます。

それがタイトルに書かれている「好き嫌い」「できるできない」を見つけるということです。建築学科に入学したからといって、すべての人が建築の設計に携わるわけではありません。ちなみに、私の入った大学の建築学科には150人くらい当時は学生が在籍していたと思いますが、建築設計の道に進んだ人は15人前後、つまりは10%しかいません。でもこの数値に絶望しないでほしいと思います。

パウレタ(一級建築士)
建築って他にも仕事がいろいろありますから。構造だってあるし、施工もあるし、自治体で働いている人もいます

まあ詳しくは別の機会に書こうと思いますが、建築に関する仕事は設計以外にもたくさんあるのだということを知ってください。

さて話を戻しましょう。「好き嫌い」「できるできない」を建築の授業でみつけておくと、いざ将来自分にはどんな建築の仕事(または建築以外の仕事になるかもしれませんが)が好きなのか、また得意であるのか(おそらくこの好きよりより得意でできてしまうことが今後大事になるかもしれません)を見極める材料になります。建築の設計以外でも建築に関わることができるということです。ここで言っておきますが、建築の設計ができなくてもいいんです。建築の設計ができなくても建築に関わる仕事なんてたくさんありますし、計の道に進めないのが負け組ではないのですよ。ということを伝えたいです

さっき私の大学の建築学科にいた10%の建築設計の道に進んだ人たち、必ずしも幸せに今後の人生を送っているわけではありません。勝ち組ではないです。

自分で納得しながら将来の仕事を決めるということが大切なんです

↓建築学科の就職先まとめ紹介記事も書いています!

就活前の建築学生必見!OBが語る卒業後の就職先種類別まとめ

建築学科に入学した学生の皆さんは自分は建築の道に進んだが、実際、建築に関わるもしくはそれに近い仕事はどういうものがあるのだろうと考えている人も多いはずです。 そこで、今回は大学の建築学科を卒業して現在 ...

続きを見る

建築学生としての立場や環境を最大限活用しよう

建築に限らず、学生という立場は、ある程度多めにみてもらえます。

私を含めて社会人の人たちが学生さんらを多めに見て世話しようかなと思うのは、その大学というバックグラウンドがあるからです。どこの馬の骨なのかもわからない人は、もしかしたら相手にしないかもしれません。ということです。

そんな学生の立場を活用して自分なりに動いてみることもすばらしいことであるとは思います。

人間関係の構築は建築業界を生きていくうえでの財産となる

大学時代の先生や先輩後輩、同級生は社会にでてから関わる可能性が多いです。大学で蓄積された人間関係やネットワークは将来の自分を助けてくれることにもなります。

パウレタ(一級建築士)
これは働いていて実感しますね!

教授をはじめその研究室やゼミでいっしょだったりした同級生や先輩は特に何らかのかたちで関わってくることも少なくありません。そういうネットワークは大事にしましょう。

目的があれば大学の名前などを使った活動もいい経験になる!

もちろん、学生のうちからも大学の建築学科という名前や、教授に頼んでの学生活動(研究室としての活動がおもに該当しますかね)。サークルでの活動などは、学生であるからこそできる特権であります。使うか使わないかは自分次第ですが、やってみるのもひとつありではありますよね。

長期休みを利用して一人旅にでてみよう

学生といえば、時間があまるほどあります。特に夏休みや春休みはびっくりするほどの時間が学生にはあります。アルバイトをしたり、旅行にいったりと、私も楽しませてもらいました。

そのなかで是非やってほしいのが一人旅です。友達がいっしょの旅も楽しいのはわかりますが、自分の部屋以外での一人の時間をとってみてください誰も知らない人たちのなかでの一人はあなたにとってとてもいい時間になると思います自然と自分を向き合わざるを得ない機会となるはずです。行き先はどこでもかまいません。国内であろうと、国外であろうと。都市や集落、自然のなかでも。ただまだ自分が行ったことのない場所のほうがいいですね。

一級建築士の資格をとるなら学習計画をざっくり建てていこう

建築学科に入ったのは一級建築士になるためだ!という方もいるでしょう。建築士の資格をとっておきたいというのは、大学の建築学科に入った方々にとっては自然な考えだと私も思います。

建築士の資格をとりたいと思っているなら、ざっくりでよいので、建築士という資格の流れを確認し、その取得のスケジュールをなんとなくイメージしておくことは、これからの時代大事になってくるのではないかと私は考えます

それは以前ブログに書いたのですが、建築士法の改正により建築士試験が緩和されることになるからです。これから大学に入る方々が卒業するころには確実に卒業してすぐ一級建築士を受験できる時代となります。

つまり勉強計画次第では、社会人として仕事にでる前に一級建築士試験を受験できることにもなるわけです

私からのアドバイスとして、もしこのブログを読んでくださっている方で、建築士となって建築技術者として社会で働いていきたいと本気で考えているのであれば、大学院まで進学して、在学中に一級建築士を取得するという勉強計画をおすすめします。

パウレタ(一級建築士)
働きながらの受験勉強はとても大変ですよ~

おそらくたいていの人は受験のために高額な費用を払い、建築士の資格予備校に通うことになるでしょう。それは1年で終わりにしたいですよね。

お金と時間をより大切に考えるのであれば、私の言う計画はけっこう良い方法のひとつであると考えます。学生で試験勉強の習慣が少しでもあるうちに済ましておく問題ですね。

↓建築士資格の予備校・学習ツールに関する記事も書いています!ぜひ参考に!!

一級建築士試験の予備校は日建学院、総合資格、TAC?

 私のブログでは、一級建築士試験に合格するための勉強としては資格取得のための予備校に通ってしまったほうがいいよということを何度もお伝えしてきました。 とはいいましても予備校もいくつかあります。どこに通 ...

続きを見る

スマホでコスパ良く一級建築士試験の勉強!「スタディング」とは?

 「一級建築士試験の勉強を学校に通わずスマホで安くさくっとできないかな?」  新型コロナウイルス感染拡大の影響のなか、一級建築士試験の勉強をしている方でそう思ったかたは多いのではないでしょうか?現在、 ...

続きを見る

建築の未来を少しずつ意識していこう

おそらく、今大学に進学される方々の建築の未来と、4年を経て卒業するころの建築の未来は違っています。違って見えるようになっているという言い方もできるかもしれませんね。それくらい、建築とそれらをとりまく状況というのは社会背景や政治などに大きく影響されるものなのです

私の学生のときの例をあげてみましょう。そうですね、私が大学に入ったときは、あまりまだ、改修などの設計のなかでリノベーションという言葉は定着していませんでしたし、私自身も自分のなかで

パウレタ(一級建築士)
改修?さらっと何もない敷地に新しく建築するのがおもしろいんじゃん

と言っておりましたが、いざ卒業するにあたっては、リノベーションという言葉があたりまえのようになりつつあり、リノベーションの技術も設計者としてあったほうがいいよなあなんて考えるようになりました。

建築士の資格だってこれから法改正で変わっていくこともありますし、よりCADの技術の発展するはずです。以前ブログに書いたように3DプリンターAIの出現によって、よりこれからの建築技術者に影響を与えることは必至なのではないでしょうか。

まとめ

何も考えず、適当に学生生活を送って、あとで後悔するのもアリなのかもしれません。それはそれで無駄な時間だったなと、次に生かすという考えもあります。そのとき自分が納得して次のステップに進めるならいいのかもしれません。

でもそれでいいのかな?
先輩(一級建築士)
パウレタ(一級建築士)
たいていはよくないんですよね

時間には限りがあるのだなということを働いてから常に思います。私はその思いをお伝えしたかったわけです。

でも、今こうやって私がお話していることは成功するためのことではありませんできるだけ失敗しないようにするためのことです自分が成功するためには自分でプラスアルファ何かを考えて、無駄になってもとりあえずやってみるというこも大事なことは今回のブログのまとめとして言っておきます

パウレタ(一級建築士)
積極的に動いてみることは無駄になることもあるけど、そうでない部分も同時にあるんです!新しいことをやるってそういうことでもあるので!!

    -建築学生へアドバイス

    © 2021 パウレタの建築設計仕事とその周辺 Powered by AFFINGER5