建築の働き方

独立も最初は大変!建築設計事務所が行っている副業をあげてみた!

 クライアントから建築依頼が来て、設計をし、確認申請を出して、監理をしてという、通常業務。その報酬で事務所を運営し、そして生活できればベストなのですがそうもいかないのが現実です。

パウレタ(一級建築士)
設計仕事の受注があるときもあればないときもあります。どこの業界もそうなのかもしれませんがシビアな世界ではありますよね

独立も最初に設計事務所立ち上げてからは軌道に乗るまで大変だよな
先輩(一級建築士)

ではそんなとき、私たち建築設計事務所をもつ建築士らは設計以外でどんな建築関係の仕事でそれを補っているのかについてを今回はご紹介していきたいと思います。

講師の仕事

大学専門学校の講師として

 教育機関で非常勤の講師として授業をして小銭を稼ぐというのもあります。報酬は少ないですがやらないよりは入ってきます。

パウレタ(一級建築士)
授業を掛け持ちをしたりしている人もいますね

もちろん常勤講師につければ安定するのですが、なかなかそういうポストは少ないです。限られた人しかなれないですし、いったんそういう職についてしまうと設計実務の仕事は自分ではなかなかできなくなっていくでしょうね。時間が学校に拘束され、設計実務は事務所スタッフが主となっていくはずです。

 このような学校で人材を見つけ、採用するという出会いもあります。

パウレタ(一級建築士)
設計人材は宝です!

同意!
先輩(一級建築士)

ですので、募集していたり、声がかかったときにはチャレンジしてみてもいいと思います。授業の準備などはけっこう大変ですがね。

建築士資格予備校の講師として

 予備校に通って建築士を合格した方などに声がかかることが多いです。合格して間もない人のほうが、仕事がしやすいかと思いますね。学科、製図それぞれの授業があると思いますが、特に製図講師に関しては人材が不足しているという話は聞いたことがありますので、設計事務所を運営していてやってみようかなと思っている方がいたらチャレンジしてみてもいいかもしれません。これも授業の準備などはけっこう大変ですがね。

 以前のブログで書きましたが、

建築士法改正で、建築士受験資格は医師受験資格に近い取得プロセスとなる!

建築士の青田買い!法改正で資格予備校が人材を見極める場所となる理由

学生あがりが一級建築士を受験できるように法が改正される予定ですので、こっちのほうが人材と出会えるようになるでしょうね

パウレタ(一級建築士)
しかも合格したら建築士を雇えることになります!

建築士関係講習の講師として

 昨今では建築士の定期講習、または管理建築士の講習、などなど建築士の資格に関係する講師として登壇するという仕事もあります。建築士会のようなところに所属していますと頼まれることもあります。まあ士会の役割というかボランティアに近いくらいの報酬になってしまうと思いますがね。

耐震診断

 耐震偽装があってから庁舎や学校などの公共施設の耐震診断が顕著に行われていました。それでお金を稼いだ建築構造事務所も多いのではないでしょうか。

やはり、建築の構造や設備などより建築の専門性に特化した仕事ができる技術は今後も安定した仕事をしていけると私は考えています。コンスタントに仕事はありそうですので、収入源のひとつとして考える分にはいいのではないでしょうか。

 昨今では木造の空き家や住宅が増えてきていますので、木造建築物による耐震診断技術も仕事になるのではと思っています

私も数えるほどですがこの仕事をしたことがあります。でも耐震診断をして、それで終わりにするクライアントが多いです。木造住宅で実際補強工事をして住み続けようとするには少し費用がかかるので、施主もいいや、という感じになってしまう傾向にあります

 個人的には木造住宅の空き家をこれからどう仕事に結びつけれるのかに興味はありますけどね。

これに関しては国をあげて動いていかないとなかなか開拓が進んでいかなそうな気がするんだよね
先輩(一級建築士)

と先輩はおっしゃってますが、私はその前にビジネスモデルを確立した人が勝つのでは?と思ったりしています。

既存住宅状況調査

 宅地建物取引業法の改正によって、既存住宅の売買にあたって購入者に求められた場合、講習を受けた建築士がその劣化状況など調査をし、報告書にまとめ、説明をすることができるようになりました

 空き家などが増えてきている近年の事情としては需要が増えていく仕事なのではないかと考えます。まだまだあまり知られていない部分もありますが、その重要性が今後も高くなってくるのではないかと私は考えています。

 私自身も講習を修了し、実際にこの仕事を受けたことがあります。耐震診断の仕事よりは比較的軽めな作業です。さきほど触れた空き家の問題に関連して、この仕事をきっかけとしたビジネス展開もありえるのではないかなと私は考えています。

ホームインスペクション(住宅診断)

 ホームインスペクター(住宅診断士)が既存住宅を調べ、その専門的観点から依頼業者にアドバイス等をする仕事です。上記の資格があるまえからある仕事で、既存住宅状況調査技術者とほとんどやることは一緒ですね。建築士でなくともできるところが異なります。既存住宅状況調査技術者という位置づけや空き家がまだ問題視されてないころは、どちらかというと住宅の欠陥部分をみつけるための仕事、たとえて言うなら住宅の健康診断という捉えられ方をされていましたね。

保険検査に関する仕事

 保険評価の対象として、建物を検査をする仕事もあります。たとえば住宅を建設する際に義務付けられている瑕疵担保保険の検査員などもそうですね。書類をもとに現場を確認して検査をします。内容としては建築確認申請の検査に近いものがあります。

構造適合判定員

ご存知のかたも多いとは思いますが、建築確認申請において、一定の構造条件を満たす建築物においては構造適合判定が必要になります。この判定をするためには構造一級建築士という資格が必要で、それを持つ人が審査を行うことになります。たとえば民間の申請機関から委託されているならばそれを行うということもあるでしょう。やはり建築構造の専門家で、実務や知識にたけている人材は今後も重宝されるでしょうね。

震災建築物の被災度区分判定および復旧に関する仕事

 近年の東日本大震災や熊本地震などで、私はこの資格をとる講習を受けました。災害があった場合に、その自治体に要請があった場合に登録している建築士に依頼がくるようなシステムになっています。

パウレタ(一級建築士)
ああいう災害が起きたときに建築士として自分がどんなことができるのかなと考えたときに、報酬どうこうではなくて講習を受けておこうかなという気持ちになりましたね

施工業務(現場監督

 施工の経験がある人であれば、設計者だけでなく施工者として仕事を受けている人もいらっしゃいます。

やはり設計よりも施工の仕事のほうが、安定して受注できるんだよね
先輩(一級建築士)

たしかに言われてみると、ユーザー、設計事務所、自社で受けた物件の後のメンテナンス、その他改修工事ど、設計事務所に比べると仕事を掘り下げていくとそれなりに仕事にひろがりをもちやすい分野であることがわかりました。

執筆活動

 建築誌やウェブなどに寄稿する仕事もあります。私も何回か寄稿したことがあります。建築士が専門家の視点から書くので、一般の人が書くよりは原稿料がやや高いという感じですかね。まあでもお小遣い程度の金額にしかなりませんよ。文章を書くのが得意なのであれば、チャレンジしてみてもいいかと思いますね。ある程度自身の宣伝にもなるかとは思います。

その他デザイン

 建築設計において、グラフィックデザインやホームページなどのウェブデザイン、またはCGのデザインなどができるのはあたりまえな時代にもなってきています。その技術を自分の事務所だけに還元するだけでなく、広く提供している企業もいます。

講演

 実績や経験が豊富な方ですと講演会に呼ばれてお話をするということもありますよね。まだまだ私はその域にまで達することはないですが、こういうのは呼ばれる場所によってはなかなか1回の講演で良い金額をいただけるのではないでしょうか(企業から呼ばれたりですと高いみたいですが、学校などで学生に向けてだとあまり多くはないですよね)。

定期報告の調査や報告

 特定建築物の設備などには定期報告というものが必要になり、その管理者が建築士などに依頼することになります。これもできる能力のある建築士とそうでない建築士がいます。ちなみに私はやったことはありません。

私はやったことあるよ
先輩(一級建築士)

調査や報告書類の準備などはあるかとは思いますが、拘束される時間の割にはなかなかいい報酬であるとのことです

アドバイザー・コンサルティング

 どうしても建築の設計を受けていることからこういう業務は設計報酬とあわせて行ってあげるかたちになってはしまうのですが、これのみを行うことにするならば、コンサル料として独立した金額報酬を得ることができるはずです。どうしても設計報酬のほうが大きい額ですからそこに行き着くための営業というかたちになってしまうことが多いですかね。建築と周辺のまちづくりと兼ねてというかたちで仕事を受けていた知人もいましたね。

審査員

 コンペやプロポーザルなどの審査員で呼ばれる場合もありますよね。まあ、もちろん実績が豊富な建築家であったり、大学の教授であったりという方が占有しますので、今の私にはなかなか縁の遠い仕事ではありますね。ただまあ、やっているネームバリューのわりにはそんなにたくさん報酬をもらえるものではないというのは聞いたことがあります。

建築関連訴訟の調停員

 建築に関する訴訟も増えてきた昨今、建築士はその調停員として関わる、そんなお仕事もあったりします。まあ、これは建築士会などに属していると依頼されて行うという、ボランティア的な仕事ですよね。でも裁判なんてあまり関わりたくないですよね。

パウレタ(一級建築士)
というのが私の正直な気持ち

でも建築の仕事をしていていれば、もしかしたらこういう機会に遭遇してしまうかもしれない。そういうことを考えると、報酬うんぬんでなく、人生経験の勉強としてチャレンジしてみるのもありだと思います。

図面作成や申請代行業務

 いわゆる下請け仕事の代表格ですかね。大手の建築設計事務所の実施図面作成のお手伝いであったり、ゼネコンの施工図のお手伝いであったりです。知り合いでは大手ハウスメーカーの確認申請図面の作成をお手伝いしていましたね。それなりにお金はもらえるのでいいはいいんですけどね。

パウレタ(一級建築士)
でもこういう仕事をするために建築設計事務所を自分でやり始めたわけではないんだよなあ

やりたいことをやるためには先立つものも必要でないの?あと生活もあるでしょ
先輩(一級建築士)

という葛藤もありながら、私はためにお金のためにこういうこともやったりしていたりします。

まとめ

 という感じで、今回だけでこのくらいの仕事がでてきました。もう少し掘り下げるとこれもそうだなという仕事が出てくるはずです。

パウレタ(一級建築士)
もっといい仕事があるよというのがありましたらご紹介ください!

 以前ブログでお話ししましたが、建築に関わる仕事は設計だけではありません。もちろん大学で建築の設計を学び、意匠系の設計事務所や会社で働いてきて、今では自分で設計事務所をやっている私にとっては、建築の設計だけで生活をするというのが王道であります。

でも時代によって建築士に求められていることは確実に変わっているなかで、その王道だけにこだわりをもつのではなく、とにかく何でもできることであるならばやってみる、というのを大切にしています。つまらない仕事、いやになる仕事、いろいろあります。でも、やりたいこととできること、またその時代によって、自分に求められていくことが変化していることを意識して動いていると、自分にあった、または自分にしかできない建築の仕事というのが見つかるのでないかなと今は思っています

 なので、建築という軸を置いたなかでどんな仕事があるのかというのはこれからも考えながら、ブログで発信してゆけたらなと思っています!

-建築の働き方

Copyright© パウレタの建築設計仕事とその周辺 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.