建築士の資産形成・運用

中古住宅の不動産登記手続きは司法書士に依頼!流れと費用は?

 不動産を取得すると登記をしなければいけません。建築の仕事をはじめて住宅を一軒仕事としてかかわるまで、私は恥ずかしながら登記という言葉すら知りませんでした。仕事をいくつかこなしても、なかなか登記という行為にピンとこないなという感覚であったわけです。

 しかしながら司法書士さんと知り合いになって親交を深める機会があり、ようやく自分なりに理解ができるようになってきました。

 では登記とは?

 土地、そして建物自体はそこにあります。でもそこにどのような権利があるのかは建物の外観や内観などを見てるだけではわかりません。それを明らかにするために不動産登記制度というものがあります。登記をすることによって、その不動産に対する法的権利を所有者が主張することができるというわけです

 今回はこの登記の中でも不動産に関する登記について、私たちが行った流れをもとにご説明できればと思います。

司法書士に依頼するのがベスト!

 不動産の登記は、売買における手続き、つまりは契約が完了してから行うこととなります

 その前に登記の作業を行ってもらう司法書士を選定して依頼するのがベストでしょう!

 私たち買主自身が登記を行うことももちろん可能です。しかし普段行ってない作業をするのは時間がかかります。仕事をしながら初めてやる作業にどのくらい時間がかかるのかよくわかりません。不動産売買にあたっては相手が存在します。書類のやりとりなど買い主が単独で完結できる作業ではありません。不動産売買をはじめ、銀行からの住宅ローンが絡む場合、期日どおり確実に、手続きが行なわれる必要があります。また売り主側としてもほぼ知らない人物に登記を任せるというのも不安であるかと思います。

パウレタ(一級建築士)
反対に売り主が行うにしてもそうですよね

 ですので中立な立場である司法書士の先生が専門家として売り主と買主両者の間に介入してくれることが安全な不動産取引となるでしょう

パウレタ(一級建築士)
こうすることで、もしもときのトラブルを防止する役割を司法書士さんが担ってもらえる場合もありますからね!

不動産登記に関する費用

 登記費用は今回の規模においてはだいたい60万円程度でありました。この金額に関しては以下の内訳を含めた金額となっています。

・登録免許税

・土地建物移転登記

・抵当権設定

・所有権移転登記

・司法書士報酬や経費

※登記に関しては不動産の評価額によって、抵当権に関しては債権額によってそれぞれ異なります

依頼してからの流れ

 不動産の登記の申請をするための申請書の作成と必要書類を用意してほしいと司法書士さんに言われたりしますが依頼するなかでそれらを一任して作業を行っていただきます。

中古物件を購入した時の登記で必要な書類

 中古物件を購入する場合は所有権移転の登記申請を行うこととなり、具体的には所有権の移転の登記等の権利に関する登記の申請書の作成を司法書士におこなってもらいます。

今回、私たち買主が用意する書類としては以下の書類を用意する必要があります。

・売買契約書

・買主の住所を証明できる書類(個人の場合は住民票、戸籍の附票)

・対象物件の登記識別情報(登記済証)

・印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)

・売買年度の評価証明書(固定資産税納税通知課税明細書)

※ちなみに建物を新築した場合ですと表題登記(表示登記)を土地家屋調査士に依頼するというかたちになり、土地家屋調査士が司法書士に権利に関する登記の申請書の作成を依頼する流れになります。新築物件を購入した時の登記(所有権保存登記)で必要となる書類としては、以下いずれかの住所を証明できる書類が挙げられます。

・住民票

・戸籍の附票

 これらの登記に関する申請書と必要書類が用意できたら法務局に提出することになります。こちらも司法書士に行ってもらいます。法務局においては提出された書類や内容に不備がないかを審査されます(このとき不備があると訂正を行う必要があります)。

そしてめでたく登記識別情報及び登記完了証の受取りとなります。不動産の引き渡しから大体1週間後くらいに受け取ることができました。

これらの書類は売却などを行う際に必要な書類になりますので大切に保管しておきましょう

司法書士さんはいつの段階で登場する?

 ちなみに今回の不動産登記において私たちの目の前に司法書士の先生が登場する機会というのは2回ほど(電話では数回連絡のやりとりはさせていただきました)でした。

 1回目は委任に関する書類に捺印をするためにオフィスのほうへ私たちがうかがうこととなり、2回目は不動産引き渡しの日に登記の移転が行えたという確認のため立ち会われました。

 報酬などに関する請求は、登記完了証の受取ってサインをしたあとに請求書をいただいて指定された銀行口座に振込というかたちとなりました。

パウレタ(一級建築士)
なので司法書士本人とはほとんど会わずに作業だけが進んでいくという感覚でしたね

たしかに設計の仕事を受けた施主から話をうかがっても司法書士と直接会う機会は1回か2回くらいであとは電話やメールのみだけでしたね。

パウレタ(一級建築士)
クライアントとのやりとりに時間がかからないというのは大きいですね。仕事の量があればたくさんまわせそうな仕事なのだろうなあ

なんて商売的な視点から思ったりもしましたね(実際たいへんなのでしょうけれども)。

まとめ

 という感じで今回に関してはほぼ私はノータッチ。専門家に頼むと費用はかかりますがこんなにも楽なんだなあというのが実感した部分でありました。やはり専門のプロはすごい!どうもありがとうございました。

パウレタ(一級建築士)
設計も誰かに頼むと楽なのかもなあ、なんてね笑

-建築士の資産形成・運用

Copyright© パウレタの建築設計仕事とその周辺 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.