建築士の資産形成・運用

一級建築士が中古住宅購入に向け住宅ローン控除を勉強する!

中古住宅を購入するにあたって住宅ローンを組むことになった私。前回シリーズのブログで緊張しながら銀行に妻とでかけたわけですが、そこで知ってそうでけっきょく何も知らなかった問題に出くわしました。

建築士による中古住宅購入の諸費用と住宅ローンの過程をレポート

 

それが「住宅ローン控除」なるものです。住宅ローンを組んだ時、税金の控除というメリットがあるのは住宅の設計の仕事をとおして浅くは知っているつもりではあったのですが、いざどういうものなのか妻に聞かれたときに何も答えられなかった私。。それからというもの、日々家づくりに関してネット検索したり本を読んだりして勉強しています。

パウレタ(一級建築士)
調べれば調べるほど知らないことがでてきて。。いやあ、家をつくるって本当にたいへんな作業だったんですね。設計なんてほんの一部だったんだなあ

ということで、今回は、家計の負担をできるだけ軽減するため、ローン控除に関する勉強をブログをとおして行ってゆきたいと思います。今回のことといい、事務所の経営やお金のことなど、最近はお金のことを考える時間が増えてきていますね。

パウレタ(一級建築士)
会社勤めのころはお金の管理については無頓着な私でありましたが、おかげさまで今ではお金に興味を持ちまくっている自分がいます。地に足がついてきたという感じなのかなあ。もうお金のことを年中考えてますね(笑)!

住宅ローン控除とは?

今回私たちが利用できればと考えているこちらの制度は「住宅ローン減税制度」の1つです。どのようなものかといいますと、設定された条件に満たした住宅をローンで購入した場合、所得税から控除できるというものになります。では具体的な内容を、私たちの組んでいる予算にあわせながら確認していきたいと思います。

控除内容

さて、控除内容についてですが、私たちがローンを組んで家を取得した場合、10年間に渡ってローン残高の1%を所得税から毎年控除することができることになります。

パウレタ(一級建築士)
一瞬たった1%かよと思いましたが、やはり住宅という高額な買い物ではその影響は大きいです!

ちなみに中古住宅を購入後に行うリフォームの場合でも一定条件をクリアすることでその対象となります

パウレタ(一級建築士)
私たちは不動産購入のみで検討しましたが、活用できるならしたほうがいいかもしれませんね

※控除を受けるための申請は、会社勤務などのサラリーマン(給与所得者)であっても確定申告は必要になりますので要注意です!

パウレタ(一級建築士)
どうやら年末調整では処理できないとのことです

控除を受けるための条件

住宅ローン控除を受けるためには、新築住宅であれ、中古住宅であれ、共通した条件があります。そしてそこから条件が住宅のタイプに沿ってその項目が分かれていくことになります。順を追ってあげていきます。

新築住宅と中古住宅の共通条件としては以下のものがあります。

・床面積が50㎡以上

・自分が居住する住宅であること

・住宅を取得した日から6カ月以内に居住し、その年の1231日まで継続居住

・借入期間10年以上の住宅ローン

・年収3000万円以下

そして今回私たちが選択した中古住宅の場合は以下の条件が加えられます。

・住宅の築年数が以下の規定年数以内であること

~木造等で建てられた「耐火建築物以外の住宅」の場合では築20年以内

~鉄筋コンクリートなどで建てられた「耐火建築物の住宅」の場合では築25年以内

ここで

パウレタ(一級建築士)
あれ?たしか購入する住宅って木造で築22年じゃない?

と調べていて気づいてしまった私。。

資料を確認するとそのとおり。住宅ローン控除の条件に満たしておりませんでした。これはかなりショック!

しかしながらもっと掘り下げて調べてみると、上記の項目を満たしていない場合でも、耐震レベルが一定の基準を満たしていれば可能ということがわかりました。それが以下のとおりとなります。

・耐震基準適合証明書を取得

・住宅性能評価書(耐震等級1以上)を取得

・既存住宅売買瑕疵保険に加入

これらいずれかを満たしていることを証明できればいいということです。ここで建築士である私の能力が生かされることになりました。

パウレタ(一級建築士)
ローン審査期間中に木造耐震診断を実行します!

控除額の計算方法

さて、実際ローンを組んだらどのくらい控除がなされるのか?

以下の計算を行って額を算定することとなります。

住宅ローン控除額 = その年の1231日時点でのローン残高 × 1

ざっくり見積もって私たちが組もうと考えていますローン金額は3000万円ですので、上記の計算式からきちんと算出しますと

3000万円 × 1% = 30万円

となり、30万円が所得税から控除されることになります。

パウレタ(一級建築士)
つまり、10年間控除額を受ければ300万円の控除となるわけですね。う~んこれは今の私たち家族にとってはかなり大きい金額です!

ちなみに住宅ローン控除の限度額は40万円になります。

※控除しきることができなかった場合は?

住宅ローン控除額が所得税を上回ってしまった場合なんかもでてくる場合があるかと思います。そうすると、控除しきれなかった額が発生し、控除を受けきれないということになります。でもそこはきちんと配慮がなされており、翌年の住民税から控除するよという制度もあります。

控除申請の流れ

控除に関する一連の流れは以下のとおりとなります

1.住宅取得

2.取得6ヶ月以内 に入居

3.必要書類作成

4.入居翌年に確定申告申請

とまあ、このような感じで実際当事者として調べてみると詳しくは知らないことが多かったなというのが正直な感想です。

パウレタ(一級建築士)
とにかく木造耐震診断を早急におこないます!そちらの報告はシリーズ次回のブログに書きますね!!

おまけ:すまい給付金というものもある!

さらに調べていきますと、「すまい給付金」という存在も見つけました!こちらは一定以下の収入の人が住宅ローンを借りて消費税8%の家を購入した場合(新築、中古住宅どちらも可能)、なんと最高30万円の現金をゲットできるという制度です。

ちなみに私たちが住宅を購入したのは8%のときでしたが、消費税が10%になった現在では、給付金の最高額はなんと50万円に引き上げられています

給付金を受けるための要件は以下のとおりとなります。

・住宅を取得し、登記上の持分を保有するとともにその住宅に自分で居住すること

・住宅ローンの返済期間が5年以上(住宅ローンを利用しない場合は、年齢が50歳以上など一定の条件を満たすこと)

・消費税率が8%(10%)の住宅を購入すること

・登記簿上の床面積が50㎡以上であること

・一定の条件を満たす住宅であること

・中古住宅については、売主が宅地建物取引業者であること

パウレタ(一級建築士)
ぐわ~ん

この最後の項目を読んでがっくり。。私たちが購入予定の中古住宅は個人が売主になります。そしてうわもの、つまり建物部分に消費税がかかりませんので給付金の対象にはなりませんでしたというオチでした。。。

まとめ

建築士として住宅を設計する仕事をしてはいるものの、それを実現させるためのお金の仕組みや制度に関しては結構知らない部分も多くて勉強になりました。私のようなお金のない一般人は、今回あげたこれらの制度を調べ、うまく活用しながら生活を形成しなくてはいけないんだということが身にしみて実感した次第です。逆に言うと、こういうことも知らずにやっていくとけっこう損をしてしまうんだなあと思ったのも事実。調べて勉強しなければ損をしてしまう世の中なんですね。

パウレタ(一級建築士)
仕事においても今後のプラスになりましたね!クライアントの話題の幅がよりひろがりました。やはり家づくりも経験してないとクライアントに提案できないよなあ

住宅を設計する若い建築士のみなさん!自分の家は早いうちに所有しましょう!!

参考資料)国税庁ホームページ、国土交通省すまい給付金ホームページ

-建築士の資産形成・運用

Copyright© パウレタの建築設計仕事とその周辺 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.