一級建築士試験の勉強方法

令和4年度一級建築士学科試験の合格基準点予想!

 令和4年の724日に一級建築士試験の学科試験が行われました。試験にのぞまれた皆さんおつかれさまでした。

 受験後は合格基準点が気になることでしょう。

 今年も受験生のみなさんが気になる合格基準点についてを大手資格予備校である日建学院、総合資格学院、TAC3社の予想合格基準点を比較しながら私なりに予想したいと思います。

今年度の大手予備校3社の合格基準点予想

 さっそく令和4年度(2022年度)の大手3社の合格基準点を見てみましょう!

 単純に今回もそれぞれが出したであろう点数を私がネットで調べ、以下、まとめてみました。

日建学院 91点 ~ホームページより 

総合資格学院 92 or 91点 ~ホームページより 90点以上であれば製図講座を推奨している

TAC 90点  ~ホームページより

大手予備校3社の過去の合格基準点予想

(過去調べたデータを掲載中※以前ブログで掲載しておりました)

昨年がこちら

基準点 87

日建学院 86点  

総合資格学院 86 or 85点 

TAC 87点 

これらは昨年のホームページで公開された情報やSNS界隈で流れていた情報(現在は掲載されていないです)をもとにまとめたものとなります。

一昨年の基準点はこちら

それがこちら

基準点 88

日建学院 90

総合資格学院 87点 

TAC 89

これらは昨年のホームページで公開された情報やSNS界隈で流れていた情報(現在は掲載されていないです)をもとにまとめたものとなります。

ちなみに3年前がこちら

基準点 97

日建学院 96

総合資格学院 98点 

TAC 96点 

こちらも一昨年のホームページで公開されたものです(現在は掲載されていないです)。

ブログで令和4年度の合格基準点を予想!

 では上記のデータから合格基準点予想をしてみます!

大手予備校3社が出したなかでは、最高点が総合資格学院の92点。

最低点はTAC90点。

そしてその中間に位置するのが日建学院の91

さて、どう見ますか?

パウレタは今回もシンプルにこれらの中間値をとります。

なのでパウレタのブログでは、91と予想!!

 

    -一級建築士試験の勉強方法