建築士という資格

令和元年度一級建築士試験の製図課題を予想してみます!

こちらのサイトで2019年度一級建築士試験製図試験の問題を私パウレタ自身が予想結果の懺悔もこめまして解答しています!

模範解答ではないながらも、解答の大きな方向性に言及した参考にはなるかと思います。

ご興味ある方はご覧になってください!

令和元年度一級建築士製図試験を解答してみた(エスキスのみ)

平成31年度改め令和元年度の一級建築士試験が近づいてきました。受験者のみなさんの多くは仕事をしながら空いた時間に勉強をされているかと思います。以前ブログにも書いたと思いますが、今年が勝負だ!と思って是非とも頑張っていただきたいと思います。

そして私が毎年気になっているのが一級建築士試験の製図試験の課題。いつも先輩とお酒を交わしながら予想なんかをしたりしています。受験者のかたには悪いなと思いながらも受かった身としてはこういう話題がお酒のいい肴となっているわけです。そんなわけで今年はブログを活用して今年度の課題予想をしてみようと思います

パウレタ(一級建築士)
一応言っておきますが、予想ですので、はずれたらすみません
でもそれっぽい予想にはなるんじゃないかなあ、たまに当たったりもするし
先輩(一級建築士)

過去20年の製図試験課題一覧から分析

とは言っても私たちも当てずっぽうで予想をするほどの素人ではありません。一級建築士試験を合格してきた人間ですから。

さて、ではそうですね、試験課題を過去20年くらいまで一覧にして並べながら、気になる部分にチェックをいれてみていきましょうか!以下、時系列に表にしてみました!!

平成11年度高齢者施設を併設した集合住宅(デイサービス及びショートステイ)
平成12年度世代間の交流ができるコミュニティセンター
平成13年度集合住宅と店舗からなる複合施設(3階建)
平成14年度屋内プールのあるコミュニティ施設
平成15年度保育所のある複合施設
平成16年度宿泊機能のある「ものつくり」体験施設
平成17年度防災学習のできるコミュニティ施設
平成18年度市街地に建つ診療所等のある集合住宅(地下1階、地上5階建)
平成19年度子育て支援施設のあるコミュニティセンター
平成20年度ビジネスホテルとフィットネスクラブからなる複合施設
<改正後>
平成21年度貸事務所ビル(1階:展示用貸スペース、基準階:一般事務用貸しスペース)基準階タイプ
平成22年度小都市に建つ美術館ゾーンタイプ
平成23年度介護老人保健施設(地上5階建て施設)基準階タイプ
平成24年度地域図書館(段床形式の小ホールのある施設)ゾーンタイプ
平成25年度大学のセミナーハウスゾーンタイプ
平成26年度温浴施設のある「道の駅」ゾーンタイプ
平成27年度市街地に建つデイサービス付き高齢者向け集合住宅基準階タイプ
平成28年度子ども・子育て支援センター(保育所、児童館・子育て支援施設)ゾーンタイプ
平成29年度小規模なリゾートホテル基準階タイプ
平成30年度健康づくりのためのスポーツ施設ゾーンタイプ
令和元年度

今年はゾーンタイプ?基準階タイプ?

製図試験の問題はコミュニティセンターのような2~3階建てくらいの低層施設とホテルや集合住宅のような中層施設で大きくタイプが分かれ、前者はおもに用途のゾーニングが主となるのでゾーニングタイプなんて呼ばれています。また後者のほうは上の複数層が同じプランとなることから基準階タイプなんて呼ばれたりしています。

私が受験したときはゾーンタイプだったね。やりやすかったよ。実務もそういう施設を担当する機会があったりしていたから
先輩(一級建築士)
パウレタ(一級建築士)
私は基準階タイプでしたね。けっこう慣れない用途でしたので苦手でしたね。でもがんばって勉強したおかげでなんとか合格することができましたけれど

今年度はどうでしょうか?ここ最近5年くらいの傾向ではゾーンタイプと基準階タイプが交互に出題されていますね

パウレタ(一級建築士)
では素直に今回は基準階タイプと予想してみましょうか
賛成
先輩(一級建築士)

敷地は建物が林立する街中?自然豊かなおおらかな場所?

さて敷地設定はどうなるのでしょうか?建物がひしめく市街地の真ん中であるのか、それとも周辺が自然に囲まれたおおらかな場所であるのか?ちなみに前回課題は住宅地に囲まれた小学校跡地という、わりとおおらかな場所でした

ではこちらも素直に市街地ど真ん中といこうではないか
先輩(一級建築士)
パウレタ(一級建築士)
そうですね、賛成です

用途は?傾向から絞ってみよう!そして新傾向は?

では次は用途を考えていきましょうか。基準階のある用途ですと、近年の課題を見てみますと、集合住宅、ホテル、ビル(テナント)などが考えられます。

パウレタ(一級建築士)
どうなるでしょうね?新傾向なんかどの程度ふまえてくるのでしょうねえ
これはおのおのの予想を出してみようか!
先輩(一級建築士)

ということで私と先輩がそれぞれ予想したものを次にご紹介するといたしますね!

パウレタの予想

・プランタイプ:基準階タイプ

・敷地:人通りの多い市街地の中心

・用途:地方都市の庁舎(オフィスビル)

・その他予想:古い施設との連結

たしか平成2年度に「地方公共団体の庁舎 」というのがでていたね
先輩(一級建築士)
パウレタ(一級建築士)
ああ、そうなんですね。ではそろそろ出る順番なのではないでしょうかね。今回はこういうオフィス系にいろんな要素がからまるような気がするんですよね。そして今回は古い庁舎ビルとの連結で増築みたいな
先輩(一級建築士)
難しそうだなあ(笑)

先輩の予想

・プランタイプ:ゾーンタイプ

・敷地:人通りの多い市街地の中心

・用途:商業施設

・その他予想:あるフロアの用途を受験者が設定する

パウレタ(一級建築士)
え~!!先輩はゾーンタイプの予想してるじゃないですかあ
ふっふっふ。うん、なんか君の予想とかぶったのもあって少し違うのにしようかと思ったの
先輩(一級建築士)
パウレタ(一級建築士)
このその他の予想ってどういうことですか?
うん、なんかさ、ワークショップによる住民の意見を反映してさ、設計者が用途を提案するっていう感じ。図書室でもいいし、子育て室でもいいし、そういう空間を設計者自身が専門家として提案するの。そういう役割も必要じゃないかな
先輩(一級建築士)
パウレタ(一級建築士)
そっちのほうが難しいじゃないですかあ

まとめと製図試験にむけての真面目なアドバイス

さて、好き放題に予想させてもらいました私たちの予想は当たるのでしょうか?むろん、当たらない確率のほうがはるかに高いですのでふ~ん程度に見ていただいて楽しんでいただければと思います。

さてさて、これから受験をする方にむけて私たちからアドバイスをしたいと思います。

パウレタ(一級建築士)
ここは真面目に!

とにかく、落ち着いて課題の文章をきちんと読んでくださいおそらく今回も何か新しい傾向が入ってくるのではないかと私たちは思います(その他の予想みたいな)。そういうものに対してどうしようと焦ってしまうかもしれませんが、まずは冷静に「こういうイレギュラーな部分を考えることが逆に脳が活性化してうまくいくんだ(少しは脳にストレスがかかったほうが本当にいいらしい)」と考えて集中力を高めて問題にとりかかりましょう。テクニック的なことは教材や予備校でアドバイスされると思いますので、特にそのことについては私たちは言いません。

きちんと準備をしているのはあたりまえですからね。あとはそれを発揮する心のコントロールです。がんばってください!

 

追記

7月26日に製図課題が発表されましたのでこちらもご覧ください!

令和初の一級建築士を目指せ!製図課題発表と試験合格のコツ伝授

-建築士という資格

Copyright© パウレタの建築設計仕事とその周辺 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.