建築士という資格

祝令和初の一級建築士誕生!試験の合格結果と基準等への感想

 来たる本日令和元年1219。どきどきしながら待っておられた受験者も多かったことでしょう。

 令和元年度の一級建築士試験の合格発表1013日の製図試験実施分の受験者)がありました。

 令和初の一級建築士が誕生するわけですね !合格されたみなさんおめでとうございます!

 私もサイトでの発表を確認しながら、合格した当時の記憶がよみがえりました。

 サイトにアクセスが集中してなかなかホームページが開くことができなかったり(今回も同様でした笑)。サイトがを開けたのはいいんだけどPDFがまたうまく開けなかったり笑笑。そして受験番号を追っていくときのどきどき感。そして自分の名前をみつけたときの瞬間のおたけび笑。あのときはうれしかったなあ。高校受験や大学受験に合格したときの倍うれしかった記憶があります。親にも「合格したぞ!」なんて電話したなあ。そして友達からの祝福のメール。う~ん泣けてきました。

パウレタ(一級建築士)
ああ、あのときは若かった笑

しかし合格発表をさっき私もチェックしたのだけど、いまだに合格者の名前がば~んと出されているのはこの時代いかがなもんだろうね
先輩(一級建築士)

パウレタ(一級建築士)
まあ、私たちからしたら知り合いが受かっているかどうかを見つけやすいわけなんですけどね笑

全体的な結果内容について

 例年のように一級建築士試験の合格者発表といっしょに全体の合格結果や基準等建築技術教育普及センターのホームページに掲載されておりました。こちらをもとに私個人としての感想もふまえながらつらつら書いていきたいと思います。

※ダイレクトに結果のみを見たい方は建築教育普及センターのホームページをご覧になってください

合格率について

 今年度は1013日実施の試験においては実受験者数が4214、そして合格者が1541となり、合格の割合としては36.6となっております。

 この割合は昨年度の合格率41.4とくらべると低くなっています。ここから昨年と比べ、試験の難易度が高かったというのが想像できます

パウレタ(一級建築士)
ということはもしかしたら再試験ではその調整もふまえて合格率が上がる可能性はあるかもしれないということでしょうか?
試験元が決めた一定の基準をクリアしていて、それなりに人数がいればありえるかもね
先輩(一級建築士)

合格基準等について

採点結果については、例年どおりランクⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳの4段階で区分をなされておりました。

それぞれの割合は、以下のとおりとなっております。

ランクⅠ:36.6

ランクⅡ:3.0

ランクⅢ:29.2

ランクⅣ:31.3

ここからランクⅢ及びランクⅣに該当した人が多いことがわかります。

前年度(平成30年度)の割合が

ランクⅠ:41.4

ランクⅡ:16.3

ランクⅢ:16.5

ランクⅣ:25.9

パウレタ(一級建築士)
昨年度はランクⅣ多かったなあという印象があったのですが今年度はそれをさらに上回ったのはびっくりですね!

 ちなみに試験元はご丁寧にランクⅢ及びランクⅣの人がどのようなところで至らなかったのかについてを具体的にあげておりました。そのなかで私が気になったところとしましては、

・延焼のおそれのある部分の位置(延焼ライン)と防火設備の設置

・防火区画(特に吹抜け部の1階部分の区画)

・直通階段に至る重複区間の長さ等

という、法令への重大な不適合が指摘されていた部分でしょうかね。法令に関しては厳しく見られたことが読み取ることができます。

パウレタ(一級建築士)
特に火災などで人命にかかわるところに関しては厳しくみられるということなのでしょう

今回の課題から具体例をあげますと特に展示室関係は無窓だと重複区間が短くなりますので、そこで引っかかった人も多いのかもしれませんね。

試験(1013日実施分)の標準解答例について

 こちらも例年のように一級建築士試験の合格者発表といっしょに全体の合格結果や基準等が掲載されておりました。

 これらをもとに私個人がブログに掲載した解答

令和元年度一級建築士製図試験を解答してみた(エスキスのみ)

と一緒に感想もふまえながらつらつら書いていきたいと思います。(※詳細な内容を確認されたい方は建築教育普及センターのホームページからダウンロードしてご覧になってみてください)

パウレタ(一級建築士)
それにしてもわりと微妙なプランでしたよね

先輩(一級建築士)
掲載文章にも書かれているとおり、この解答例はあくまでも合格水準の標準的な解答例を示すことを意図したものだから。あと記述についても解答は出さないでうまく逃げているよね、ふふ

パウレタ(一級建築士)
模範解答例と書かないで標準解答例か、言い回しがさすがですね

標準解答例①

 1階は多目的展示室と展示室C2階は展示室Aと展示室Bの展示部門、そして3階には創作アトリエとアトリエBが配置された構成となっています。

パウレタ(一級建築士)
部門の構成がけっこうばらけてますね

記述の説明で筋がとおっていればいいということなのかね
先輩(一級建築士)

 あと多目的展示室のような大空間の上に屋上庭園のような荷重のかかる空間はどうなのかという懸念もこの解答で解消されているのがわかりました。

構造は今の時代、この程度ならなんとかなるでしょう!でもまあへんな梁の架け方をしちゃうとやはり減点にはなりそうだけどね。①みたいに多目的展示室の上部がまるまる屋上庭園として使っているようにね
先輩(一級建築士)

パウレタ(一級建築士)
なるほど下が大空間と普通の天井高の空間が混在していると梁の架け方が複雑になってしまいますからね

標準解答例②

 ②はメインアプローチが東側オンリーのプランとなっています。本館側ですし、道路からと本館からのアプローチがきちんととれていればOKということなのでしょう。

君のつくったプランAみたく西の公園側だとやはりNGなんじゃないかな
先輩(一級建築士)

パウレタ(一級建築士)
そうですよね...

 階振りの構成としては1階に多目的展示室、2階に展示室ABCをまとめて3階はすべてアトリエ系諸室。

これは理想的な構成だね
先輩(一級建築士)

パウレタ(一級建築士)
たしかにそうですね。こういう構成でおさめたかった

 ②で私が気になったのは多目的展示室にホワイエがなくてもよいということですかね。多目的展示室は講演にも使用されるのであれば人をためて受け入れるホワイエは必要なのではないかなと思ったりしたのですが、エントランスホールが広くとれているならOKってことなんでしょうね。

その他

 共通している内容として私が個人的に気になった箇所としては展示室のそれぞれの開口の有無ですかね。①、②どちらも多目的展示室は有り、彫刻を展示する展示室Aは有り、そして映像を展示する展示室Bは無し、絵画などを展示する展示室Cも無しということになっています。

避難経路がとれるかとれないかという部分で開口の有り無しを決めた人も多いと思うけどこれはまあ常識的な観点からいうと標準解答例が正しい見解かなと思うよ
先輩(一級建築士)

パウレタ(一級建築士)
そうですね

 あともうひとつありました。トラックヤード。これは私が行った串刺し駐車では減点なのでしょうね。

まあ、そうだろうね。君の描いたプランCの串刺し駐車はBよりは使いやすいかもしれないけどね
先輩(一級建築士)

パウレタ(一級建築士)
たはは

 そして次。これは試験元が説明文章もつけておりますが今年度の試験で不十分な答案が多かった

・延焼のおそれのある部分

・防火区画等

に関する一つの考え方を標準解答例に示しています。

②はきちんと面積区画して、それを図面に表記しているねえ
先輩(一級建築士)

パウレタ(一級建築士)
そうすねえ。しかしなかなかここまでは頭がまわりませんです。。

一級建築士登録について

 合格したみなさん、一級建築士は免許登録をしないと使用できませんよ。そしてそこにまたお金がかかります

パウレタ(一級建築士)
お金のかかる資格ですねえまったく

ほんとだよね
先輩(一級建築士)

一級建築士登録申請はどこで行う?

 平成201128日から始まった新建築士制度により、今まで国が行っていた一級建築士の免許証の交付手続き等の登録事務は、公益社団法人日本建築士会連合会が行うことになっていますですので登録申請受付の窓口は現在申請者がお住まいになっている都道府県の建築士会になります。

一級建築士登録関係の費用

新建築士制度により、各種申請の際にかかる手数料等は以下の費用がかかってきます。

免許登録申請(新規登録) 19,200

登録免許税(新規登録)60,000

どうです?びっくりしませんか?8万円近くまたお金がとんでいってしまうのですよ。

パウレタ(一級建築士)
いやあ、きびしい

でも企業に勤めている友人なんかは、別に直接使う機会がまだないとのことで、使うときになってはじめて登録したと言ってたね
先輩(一級建築士)

現在もそれが可能なのかどうかは日本建築士会連合会などにお問い合わせしてみてください。

とまあ、こちらでは登録場所と費用に言及したものかんたんにあげましたが、提出書類関係などの詳しい内容は公益社団法人日本建築士会連合会のホームページに掲載されておりますのでそちらをご覧ください。

まとめ:一級建築士という資格に見合った人材へ!

一級建築士は足の裏の米粒なんて言われたりします。あったらあったでなんでもないが、なきゃないで困るそんな資格。

なんてね
先輩(一級建築士)

まあしかし私たち一級建築士としては、資格に見合う仕事ができるよう日々努力邁進していくのみです。一級建築士であるからこそのまわりが動いてくれることへの責任も発生してきますからね。

今年度合格されたみなさんも仕事をばりばり行って、一級建築士という資格に見合った技術者としておおいに活躍してください。今回は本当におめでとうございました。

パウレタ(一級建築士)
来年の夏はひさしぶりにすがすがしい季節として感じられるはずですよ笑!

参考資料)

・建築技術教育普及センターホームページ

・公益社団法人日本建築士会連合会ホームページ

-建築士という資格

Copyright© パウレタの建築設計仕事とその周辺 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.